ホーム » 2013年05月

一般の方に税金の理解を深めてもらうことは、やっぱり重要だ。

税理士の福島です。

今回はニュースのお話をさせてください。
約一週間前にあった判決についてです。


概要はコチラをご参照ください
「ハズレ馬券、経費と認定」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASHC2300V_T20C13A5000000/?dg=1


このお話は、これまでの税務上の常識を覆す画期的な判決でした。
アタリ馬券に税金がかかるときは、その馬券代しか
経費にならない、というのが常識的な解釈だったからです。


このブログは税金の話をする所ではないので、
一時所得の話にはこれ以上踏み込みません。


この事件の問題点は、本人が申告しなかった、ということです。
納めるべき税金は判決で少ない金額になったのですが、
そもそも申告してないから脱税(有罪)になっています。


ニュースを見ていると、有罪のほうが独り歩きしていて、
競馬好きの方からは、「これで税金がかかるのはおかしい」
というような意見も見られます。


まあ、競馬に税金がかかって宝くじに税金がかからないのは、
利用者の立場から見たら不公平感はありますね。


それより、私が気になったのは、
「計画的に利益を得ようとして競馬をする、というときに、
 利益に対して税金がかかる」
という認識が、本人になかった点です。


私は、何らかの事業を起こすとき、
利益に税金がかかるのは常識だと思っていました。


だから、この人が利益を目的とした競馬を始めるときに、
【はじめから】税金対策をしていれば、
今回のような悲劇は起こらなかったはずです。



これは数少ないアタリを得るために計画的に馬券を買っている。
だから、すべての馬券代を経費にする。


はじめからそういう解釈で堂々と申告をしていれば、
今回の判決は、画期的な勝訴だったわけです。


税金に携わる者としては、
税金に関する啓蒙活動の重要性を感じる一件でした。


現在は、高校などに税理士が公演に行く機会もできています。
(私のところには全然そんな話は来ませんが(笑))


世の中のことを知る、という意味でも、
税金や法律などについて、中学や高校で
必須科目にならないものか、そんなことを考えています。

タグ /

労働時間に対する考え方(従業員編)

税理士の福島です。

今回は、労働時間について書きたいと思います。

先に、私が一番いやなことを書こうかな。
(あいかわらず批判覚悟だ(笑))


長く働いたことを良しとする風潮
これ、まったく理解出来ません。


同じ仕事をするなら、早く終わったほうが優秀に決まってるじゃないですか。

・従業員としては、早く終われば早く帰れる
・経営者としては、余計な残業代を払わずに住む
・取引先は、早くレスポンスがもらえる

どう考えても、早く終わったほうが三方良しなわけです。


店舗のように、営業時間が固定されている場合は、難しいです。

でも、いわゆる事務所的な職場なら、
原則は定時で終わる程度の仕事量で回るようにしたほうが良いと考えています。


長く働いた人を褒めるくらいなら、
仕事を短く終える工夫した人を褒めるほうが、
経営者としてはセンスがある、と私は考えます。


ちなみに、私が税理士法人に勤務いていた時代、
私は急ぎの仕事が入らない限り、定時で帰っていました。
だれにどんな陰口を叩かれようと、しったこっちゃありません。


定時退社を徹底するには
・勤務時間中はマジメに仕事をする
・ムダに先輩や上司にたてつかない
 (勤務時間の話から派生して、些細なことでケンカしない)
・仕事は納期に間に合わせる

これを徹底すれば良いのです。



だから私の勤務時代は、誰よりも早く申告書を仕上げることを
徹底していました。


あとは税理士受験生が早く帰るというのは、
受験勉強の時間を確保するという意味もあります。
ということは、当然結果を出す(科目合格をする)のが必要です。


・勤務時間中はバリバリ仕事
・周りと【勤務時間中に】良好な関係を築くことも気を使う
・早く返って、試験勉強の時間を確保して、科目合格


これを心がけて、働きながら税理士試験を乗り切りました。


ウチの事務所に職員が入ったら、
時間内にやることがなくなって、試験勉強を始めるくらいの
度胸があったら面白いと思ってます。


あ、本当は時間内なんだから、試験勉強よりブログの書き方の勉強をしてね(笑)

ちなみに。
今回は従業員視点の労働時間を書いたけど、
経営者になると、まったく違う価値観になります。

その話は、またの機会に。

タグ /

接客業で絶対やってはいけないこと

税理士の福島です。

確定申告入門ブログでは、ドタバタ漫談風ですが、こっちは普通の文章です。
フェイスブックでここの記事を紹介したら、雰囲気の違いを触れられたけど、どっちもほんとの自分ってことで。


さて、今回は接客業のお話です。

私は、お客様と接する仕事はすべて接客業と考えているので、税理士も接客業と考えています。
不特定多数の人がやってくる店舗や飲食店に比べれば、はるかに楽ですが。


連休中に、妻と子どもと、とあるホテルのランチバイキングに行きました。
予約をしておいたので、長く待たされることもなく、おいしい食事をいただきました。

問題は、会計終了後に起こりました。
妻がトイレに行っている間、レジ付近で子どもと待っていました。
すると、一般の従業員に対して、上司と思われる人が注意していました。


お客の前で従業員に怒る。
これは、絶対やってはいけないと考えています。
2つのリスクがあるからです。


1)お客様を不快にする

だれも、人が怒っている(怒られている)ところを見るためにお店に行くわけではありません。
そもそも論として、怒るシーンをみるのは、私は不快です。
すべての人とはいいませんが、一定の人数は不快に感じると思うので、これはリスクでしょう。


2)怒っている内容によっては、怒る人の能力が疑われる

部下を怒るというのは難しいことです。
「誤った行動」に対して、「適切な対応を教える」ことが必要です。
しかも、怒られたほうが適切だと感じるように説明しなければなりません。

これを人前で完璧にやるには、かなりの能力が必要だと思います。


ご多分に漏れず、私がみたケースも、ひどい内容でした。
はっきり言って、上司の自己満足です。
部下が丁寧な言葉で「申し訳ございませんでした」と言えたことに拍手を送りたい。

私がこの上司の上司なら、部下が上司に殴ってもOKと言うでしょう。



ちなみに、私はかつて1度だけ、お客様の前で適切な注意をするシーンを見たことがあります。

引越の時です。
はじめは、引越作業に必要なもの(家電などをつつむ毛布など)を搬入することが中心です。

トラックから資材を搬入して、トラックに戻る際、軽めのダンボールをトラックに運ぶ。
こうすることで、作業員の往復回数を減らせます。

新人の作業員が、これをうまくできないとき、上司は上記の理由を説明した上で「手ぶらで帰るな」と言っていました。
なかなか1回で飲み込めないでしょうが、何回か同じ事が繰り返されると、注意する口調も強くなります。

でも、私も一連の作業をはじめから見ているので、これは合理性のある指導と解釈できます。


親子でも上司部下でも、先輩後輩でも、注意する(叱る)というのは難しいです。
単に怒鳴り散らせば良いというものでないのは、あたりまえです。


理想としては、
・問題の出来事がおこった直後に
・誰も他人がいない所で
・冷静に問題点を説明する
というところでしょうか。




タグ /

Return to page top

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。