ホーム » 読書感想文 » 良い文章の条件とは?

良い文章の条件とは?

川c ’∀’)<おばんです! ← フリーランサーのあゆみ

税理士の福島「この文章書いてるの、朝だけどね」

あゆみ「そういうことはどうでもいいんです!」

福島「これが毎回恒例の会話ってのもいかがなものかと…」

あゆみ「パン!(手をたたく)さてさて先生、最近小説を読み終わったそうで」

福島「そうなんです。私の好きな作家の本を見つけたので買って読みました。」

ツナグ (新潮文庫)
ツナグ (新潮文庫)
posted with amazlet at 14.05.12
辻村 深月
新潮社 (2012-08-27)
売り上げランキング: 3,126



あゆみ「好きと言ってるわりに、新発売じゃないんですね」

福島「そういうところは気にしない!読みたいときに読むんです」

−−−−−

この作品で、作者の辻村深月さんは、第32回(2011年) 吉川英治文学新人賞を受賞しました。

おおまかなあらすじ(amazonでの紹介文を一部補足)

一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者(ツナグ)」。

・突然死したアイドルが心の支えだったOL
・年老いた母に癌告知出来なかった頑固な息子
・親友に抱いた嫉妬心に苛まれる女子高生
・失踪した婚約者を待ち続ける会社員……

ツナグの仲介のもと再会した生者と死者。

それぞれの想いをかかえた一夜の邂逅は、何をもたらすのだろうか。

心の隅々に染み入る感動の連作長編小説。

−−−−−

あゆみ「先生から見た、辻村さんの作品の魅力ってなんですか?」

福島「この本に限らず、人物の描写が丁寧なんです」

あゆみ「といいますと?」

福島「辻村さんの作品って、設定や場面が現実離れしている作品も多いんですけど、出てくる人物の外見・経歴・内面などを『これでもか』ってくらい書いてくるんです。

あゆみ「どれくらいですか?」

福島「一番すごい作品だと、主要人物8人の紹介で新書2冊分書いて、3冊めでストーリが進むってのがありましたね」

あゆみ「それはずいぶん膨大ですね!」

福島「今回のツナグは短編集なので、そこまでではないですが、短い中で登場人物の人生を、その人になったつもりで追いかけられるんです。」

あゆみ「なるほど」

福島「小説でもマンガでも映画でも同じですが、登場人物になりきって見ることができる作品って、いいですよね」

あゆみ「確かに。『このあとどうなるんだろう?』ってワクワクしますね」

福島「私たち個人事業者も、自己紹介や出来事を紹介する文では、そうなるように心がけたいところです」


確定申告以外のことを話すメルマガを創刊します。
福島宏和通信(仮)〜3つ以上の顔で生きる楽しさ〜
https://55auto.biz/fukuoffice/touroku/entryform20.htm

読書感想文に関連する記事はこちら

タグ /
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。